ボツリヌス症状

口の渇き、口の乾燥、顔の両面の顔面の衰弱、ぼやけたまたは二重の視力、まぶたの脱落、呼吸困難、吐き気、嘔吐および腹部痙攣、麻痺

食中毒ボツリヌス

ボツリヌスを傷つける

食べ物ボツリヌス中毒の兆候と症状は、毒素が体内に入ってから通常12〜36時間後に始まります。しかし、徴候の開始は、摂取される毒素の量に依存して、数時間から数日の範囲であり得る。食品媒介ボツリヌス症状の徴候および症状には、

幼児ボツリヌス中毒

創傷ボツリヌス中毒症を発症するほとんどの人は、1日に数回薬を注入するので、毒素が体内に入った後に徴候や症状が出るのにどれくらいの時間がかかるかを知ることは難しいです。傷ついたボツリヌス症状と徴候

医者を見に行くとき

幼児ボツリヌス中毒が蜂蜜などの食品に関連する場合、問題は一般的に、毒素が赤ちゃんの体に入ってから18〜36時間以内に始まります。兆候と症状には以下が含まれます

ボツリヌス中毒症では、通常、特定の徴候や症状が発生しません。例えば、ボツリヌス中毒症は一般に血圧や心拍数を上昇させたり、発熱や混乱の原因となることはありません。しかし時には、創傷ボツリヌス中毒症が発熱を引き起こすことがあります。

あなたがボツリヌス主義を持っていると思われる場合は、緊急の医療を受けてください。早期治療は生存の機会を増やし、合併症のリスクを軽減します。

速やかに医療を求めることは、公衆衛生当局に警告することもあります。彼らは、汚染された食べ物を他人に食べさせないようにすることができます。

嚥下困難や嚥下困難、顔の両面の顔面の衰弱、ぼやけたまたは二重の視力、まぶたの飛散、呼吸障害、麻痺

便秘(しばしば最初の兆候);筋肉の衰弱および頭の制御障害によるフロッピーの動き;弱い叫び;過敏性;びらん性;眼瞼のぼやけ;疲労;吸い込みまたは摂食の困難;麻痺